カブール首都圏開発計画推進プロジェクト

1999年に約200万人であったカブール市の人口は既に400万を超えており、本来の人口吸収能力を超えている状況にある。さらに、現在も急激なスピードで人口増加が続いており、この傾向は少なくとも今後十数年は続いていき、2025年には650万にまで達すると予測されている。この人口の急激な増加にともない、カブール市では地下水位の低下、水質・大気・土壌汚染、国内避難民等の違法住民の増加、交通渋滞、衛生環境の悪化等の都市問題が深刻化し、道路や上水道等の社会基盤施設の整備が重要な課題となっている。さらなる人口増加により違法住居のスラム化による治安悪化や都市貧困層の増加、慢性的な水不足と水質汚染、衛生環境の悪…

更新情報

2014年12月4日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
アフガニスタン
課題:
都市開発・地域開発
署名日:
2010年3月27日
協力期間:
2010年5月11日から2015年5月10日
相手国機関名:
デサブ新都市開発委員会事務局、カブール市役所、都市開発省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。