地方開発支援プロジェクト

地方開発支援プロジェクト

アフガニスタン国(以下「ア」国)では20年以上に及ぶ内戦で社会経済状況が疲弊したことに加え、1998年以来続く旱魃により、農業や牧畜業が多大な悪影響を受けた結果、特に農村部における貧困が深刻化した。2002年以降、「ア」国政府ならびにドナーが貧困削減対策を積極的に推進してきた結果、状況はある程度改善されたものの、「ア」国の課題は未だ山積している。「ア」国の農村人口の約53%が貧困ライン以下の生活を強いられており、安全な水へのアクセスは13%、栄養失調は70%である。2003年に全国規模で実施された社会経済調査によると、農業は「ア」国GDPの52%に相当し、人口の60%以上の生計を支えていること…

更新情報

2010年1月15日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
アフガニスタン
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2005年9月11日
協力期間:
2005年12月15日から2009年12月31日
相手国機関名:
農村復興開発省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。