カンダハル帰還民社会復帰・コミュニティ開発支援計画プロジェクト

カンダハル帰還民社会復帰・コミュニティ開発支援計画プロジェクト

アフガニスタン南西部地域では長年の紛争と旱魃により、多くの難民や国内避難民が存在する。タリバン体制崩壊後、多くの難民が周辺国より帰国したが、長引く旱魃や十分な雇用がないことから、故郷での再定住が困難な状況にある。また、国内避難民の多くも民族問題や旱魃の問題から、故郷に帰還できず、カンダハル市周辺部に引き続き滞在している状況が続いている。さらに、限られた雇用を巡る帰還民・国内避難民と周辺地域住民との間の軋轢の問題もある。

こうした状況に対して、国際社会は様々な支援をしているものの、支援の大部分は緊急人道援助的なものであり、彼らの自立発展的な開発を支援するものとはなっていない。緊急か…

更新情報

2009年6月12日
写真集」を更新しました。
対象国:
アフガニスタン
課題:
平和構築
署名日:
2004年6月12日
協力期間:
2004年6月12日から2009年6月11日
相手国機関名:
農村復興開発省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。