道路維持管理システムの構築及び人材育成プロジェクト

道路維持管理システムの構築及び人材育成プロジェクト

アフガニスタン国(以下「ア」国と表記)においては、長期にわたる内戦等により適切な道路維持管理がなされていなかったため、道路や橋梁等が破損し放置されたままとなっていた。2001年12月のボン合意以降、破壊された社会経済インフラの復興が緊急の課題とされ、各ドナー・国際機関の援助協調により主要幹線道路網の整備が展開されてきた。我が国もカブール〜カンダハル間道路(50キロ)、カンダハル〜ヘラート間道路(114キロ)の復旧に携わり、「ア」国の経済基盤の整備に大きく貢献している。一方で、道路維持管理システムの再構築についてはほとんど未着手の状態が続いており、公共事業省の実施体制の脆弱性(政策立案・予算策定…

更新情報

2010年6月28日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
アフガニスタン
課題:
運輸交通
署名日:
2007年12月9日
協力期間:
2008年3月24日から2011年3月23日
相手国機関名:
公共事業省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。