今年度のプロジェクトチーム(コンサルタント)が活動を開始しました。

2012年4月30日

【写真】

ラパスオフィスで作業中のプロジェクトチーム

今年度のプロジェクト活動を実施するプロジェクトチームが活動を開始しました。

今年度は、1.産科・小児科研修ファシリテータ:Dr.Edgar Torres、2.バイオセキュリティ:Dr.Alfredo Gutierrez、3.情報システム:Ing.Lucio Janco、4.参加型保健事業:Dr.Fredy Marca、5.住民参加保健活動:Sonia Hidalgo、6.保健行政支援:Dra.Jenny Soto、7.事務支援:Lic.Sandra Lozaの7名でプロジェクトチームを編成し、活動を展開していきます。

非常に経験豊富なコンサルタント達ですので、プロジェクト地域の医療従事者の信頼を得ながら活動を展開し、活動成果を創出していくことが期待されています。