第1回コミュニティ保健チーム会合の開催

2013年1月30日

湯浅短期専門家の来訪に合わせて、FORSA手法を使用した、住民参加保健活動を実施しているコミュニティが参集し、コミュニティ保健チーム会合がソラタ市で開催されました。このイベントは住民参加を実施しているコミュニティが一同に集い、各コミュニティで実施されている活動を発表し、住民参加による活動の経験交流、住民の自己効力感をアップさせることを目的として開催されました。このイベントにおいても、プロジェクトコンサルタントのソニア・イダルゴさんが、ファシリテータとして、アイマラ語でのコミュニケーション能力を生かし、引っ込み思案になりがちなコミュニティ住民の発表や意見をうまく引き出しました。プロジェクトとしても初めての試みでしたが、多くの女性がマイクを持ち、各コミュニティでの活動を自信をもって発表することで、エンパワーメントされている姿が見られ、また多くのコミュニティレベルでの経験が拾い出され、効果的なイベントとなりました。また、参加者より、他のコミュニティの活動を知ることで、よりモチベーションが高まり、成果が出るまで活動を継続すると決意したコミュニティもあり、今後の更なる活動の活発化が期待されます。

【画像】

第1回コミュニティ保健チーム会合 ソラタ市