ポトシ県母子保健ネットワーク強化プロジェクト

ボリビア多民族国(以下、「ボリビア」という)は、中南米においてハイチに次いで妊産婦死亡率や乳幼児死亡率が高い。妊産婦死亡率は、2003年の229(対出生10万)から2008年の222(対出生10万)出生へと微減に留まり、ミレニアム開発目標の104(対出生10万)の達成は困難と見られている(統計情報ENDSA: Encuesta Nacional de Demografía y Salud)。乳幼児死亡率は、2003年の75(対出生1,000)から2008年の63(対出生1,000)へと減少し、ミレニアム開発目標の47(対出生1,000)に近づいている。他方、新生児死亡率は2003年の…

更新情報

2018年12月21日
プロジェクト概要」を更新しました。
対象国:
ボリビア
課題:
保健医療
署名日:
2013年1月16日
協力期間:
2013年6月28日から2017年6月27日
相手国機関名:
(1)保健スポーツ省企画局
(2)ポトシ県保健局
(3)トゥピサ保健医療ネットワーク、ウユニ保健医療ネットワーク
(4)対象地域11市(トゥピサ保健医療ネットワークのトゥピサ市、アトチャ市、モヒネテ市、サン・パブロ・デ・リペス市、サン・アントニオ・デ・エスモルコ市/ウユニ保健医療ネットワークのウユニ市、コルチャ・カ市、サン・ぺロド・デ・ケメス市、ジカ市、タウア市、サン・アグスティン市)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。