地球環境劣化に対応した環境ストレス耐性作物の作出技術の開発

ブラジル国(以下、「ブ」国)は、人口約1.8億人、国土面積約851.2万km2を有し、コーヒー、タバコ、ダイズ等の輸出大国である。特にダイズに関して言えば、「ブ」国では2006/7年には5840万トンが生産され、世界のダイズ総生産量の約1/4を占めている。また、アメリカに次いで世界第2位の生産を誇っている。2020年には「ブ」国のダイズ生産は1億トンを越え、世界第1位になるとされている。一方、世界におけるダイズの消費は増え続け、特に中国では人口の増加や食生活の変化に伴うダイズの消費拡大は著しい。このような状況の中、「ブ」国は、既に世界最大の農産物貿易黒字国であるとともに、世界最大規模の農用地開…

更新情報

2015年2月18日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ブラジル
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2009年12月28日
協力期間:
2010年3月4日から2015年3月3日
相手国機関名:
ブラジル農牧研究公社 ダイズ研究所

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。