初等教育・理数科現職教員研修改善プロジェクト・フェーズ2(SMASEブルキナ2)

ブルキナファソ(以下「ブ」国)の初等教育では、近年教育の機会拡大に重点的に取り組んできた成果が見られるが、内部効率や学習到達度は依然として低く教育の質に課題があり、教育開発10ヵ年計画(PDDEB)第二フェーズ(2008〜2010)においても重点課題となっている(PDDEBの後継政策で現在策定段階にある基礎教育戦略的プログラム(PDSEB: 2011〜2020)においても初等教育の質の強化が重点分野)。教育の質に関しては、1教室あたりの生徒数が過大であること、教員の能力不足、教育行政官(視学官など)の支援体制が不十分であること、生徒の親の教育への関与度が低いこと、などが挙げられている。

更新情報

2015年9月15日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ブルキナファソ
課題:
教育
署名日:
2011年12月1日
協力期間:
2012年1月11日から2015年9月30日
相手国機関名:
国民教育・識字省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。