初等教育・理数科現職教員研修改善計画プロジェクト

初等教育・理数科現職教員研修改善計画プロジェクト

ブルキナファソ国(以下ブ国)基礎教育・識字省(以下MEBA)は、2002年に「基礎教育10カ年計画(以下PDDEB)」を策定し、「教育の量的拡大」、「教育の質の改善」、「識字、ノンフォーマル教育推進」、「能力構築」を柱として様々な取り組みを行ってきた。特に教育の量的拡大に重点を置いた取り組みの成果として、初等教育就学率は改善されつつあるが、一方で、増加する就学者数、教室数に見合う数の教員を養成することが課題となっている。教員数を確保するため、政府は初等教員養成期課程を従来の2年間から1年間に短縮したが、その結果、教員は十分な能力を身につけないまま授業を行うこととなり、教育の質低下の一因となって…

更新情報

2011年11月4日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ブルキナファソ
課題:
教育
署名日:
2007年12月28日
協力期間:
2008年1月15日から2011年1月14日
相手国機関名:
基礎教育識字省