助産能力強化を通じた母子保健改善プロジェクト

我が国は、カンボジア復興後の母子保健人材の欠如という課題に対応して、1997年に無償資金協力で国立母子保健センター(National Maternal and Child Health Center: NMCHC)の建設を支援しつつ、1995年から10年間にわたり「母子保健プロジェクト(フェーズ1及びフェーズ2)」を実施し、NMCHCの病院運営、臨床サービスそして研修機能の整備を図ってきた。特に2000年から2005年に行われたフェーズ2の協力で、NMCHCの研修機能が強化され、NMCHCにおいて助産師卒後研修が提供できるようになった。その後さらに、NMCHCで研修を受けた助産師が、習得した技…

更新情報

5月22日
ニューズレター」 を更新しました。
3月9日
ニューズレター」 を更新しました。
12月18日
ニューズレター」 を更新しました。
11月19日
ニューズレター」 を更新しました。
10月15日
ニューズレター」 を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
保健医療
署名日:
2009年12月24日
協力期間:
2010年3月1日から2015年8月31日
相手国機関名:
保健省国立母子保健センター

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。