流域灌漑管理及び開発能力改善プロジェクト(TSC3)

「カ」国の農業は、GDPの約30%を占め、就業人口の65%以上を吸収して経済成長を牽引する重要な産業であり、農村の経済成長を通じた貧困削減の実現は、同国政府の最優先政策課題の一つとなっている。
しかしながら、長期にわたる内戦によって実践的技術・経験を有する灌漑技術者が著しく減少した結果、農業生産に不可欠な灌漑施設の多くが維持管理不全、機能低下などの問題に直面しており、稲作を基幹とする同国の農業発展に向けた取り組みの障害となっている。

現在、各地で様々な援助機関による灌漑施設の修復・開発支援が実施中ないし計画中であるが、ほとんどの援助事業では、ドナーの事業費で雇用されたコンサ…

更新情報

12月18日
資料集」 を更新しました。
7月28日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
6月27日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
5月23日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月30日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2009年9月1日
協力期間:
2009年9月1日から2014年8月31日
相手国機関名:
水資源気象省灌漑技術センター

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。