水道事業人材育成プロジェクト・フェーズ3

 英語

カンボジアでは内戦後、我が国及び他ドナーの協調によりプノンペンの上水道施設の改善が行われた。また、同市の水道事業運営を担うプノンペン水道公社(PPWSA)は1996年に公社化され、自らの裁量により独立採算で水道事業を行うことが可能となり、更に、我が国が実施した「水道事業人材育成プロジェクト」(2003-2006年)の成果と相まって、アジアにおける最良の水道事業体の一つとなっている。一方で、地方都市の公営水道事業体の給水能力は依然として低く、国民全体に安全な水が行き渡っていない。我が国は、カンボジアでの安全な飲料水へのアクセス率向上に貢献すべく、PPWSAの成功事例を地方都市の公営水道事業体へ展…

更新情報

7月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
12月9日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月6日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
10月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
3月6日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
水資源・防災
署名日:
2012年7月18日
協力期間:
2012年11月10日から2017年11月9日
相手国機関名:
鉱工業エネルギー省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。