短期専門家(資産情報管理(1))派遣

2013年4月12日

当プロジェクト最初の短期専門家として、資産情報管理分野を担当する石井秀雄専門家(北九州市上下水道局)が2013年2月25日〜4月14日の間派遣されました。資産情報管理分野の活動は、地方水道事業体が施設・設備の更新計画や長期経営計画を策定する上で基礎となる資産情報を適切に管理する能力を向上させることを目的としています。資産情報の適切な管理は、適切な財務諸表の作成にもつながり、経営判断を行う上で基本となる重要な活動です。石井専門家の活動を通じて、対象8地方水道事業体の固定資産情報が収集され、その内容分析が行われ、いくつかの改善点が提言されました。同専門家の提言に基づき、今後、資産情報管理改善の為の活動が行われる予定です。

【画像】

鉱工業エネルギー省水道部のカウンターパートと共に、地方水道局での資産台帳の整備状況を調査する石井専門家(左端)

【画像】

鉱工業エネルギー省水道部長に活動報告を行う石井専門家(右端)