森林分野人材育成計画プロジェクト フェーズ2

森林分野人材育成計画プロジェクト フェーズ2

カンボジアでは、1969年に国土の73%を占めていた森林面積が、2000年には62.7%まで減少しています。特に内戦終了(1993年)後は、経済発展と人口の増加による開発の圧力により、減少率が大きくなっています。

こうした問題を解決する手段の一つとして、住民の生計向上を図りながら森林資源の過剰な利用を緩和し、住民自身が森林資源を含む自然資源を持続的に管理・利用することを目指す村落林業が注目されています。

カンボジアでも、村落林業を推進するために様々な取り組みが行われておりますが、このプロジェクトでは、全国の森林官を対象に研修センターや現地で研修を行い、研修を受けた森…

更新情報

11月24日
プロジェクトニュース」を更新しました。
11月5日
プロジェクトニュース」を更新しました。
10月27日
プロジェクトニュース」を更新しました。
9月21日
プロジェクトニュース」を更新しました。
9月7日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
自然環境保全
署名日:
2005年12月14日
協力期間:
2004年12月16日から2010年12月14日
相手国機関名:
カンボジア農林水産省森林局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。