淡水養殖改善・普及プロジェクト

淡水養殖改善・普及プロジェクト

カンボジアでは、1991年10月まで20年以上にわたり内戦等の混乱が続き、多くの人命が失われ、多数の国民が難民として流出した。このため、知識階級、指導者層の人材が著しく減少し、人的資源の量的質的低下が顕著となった。また同国では、内戦によって社会資本や農地及び自然環境が破壊されたことに加えて、地雷や不発弾が農村地域における内戦後の復旧を阻害しており、人間の安全保障や貧困に係る課題を数多く抱えている。同国の2000年の一人当たりGNPは253米ドルと、周辺諸国と比較してもその水準は極めて低い。

また1997年時点の貧困ライン以下の人口割合は、カンボジア全体で36.1%、農村部では40…

更新情報

2010年2月16日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
水産
署名日:
2004年12月23日
協力期間:
2005年2月28日から2010年2月27日
相手国機関名:
カンボジア国農林水産省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。