灌漑技術センター計画プロジェクト フェーズ2

 英語

灌漑技術センター計画プロジェクト フェーズ2

カンボジア王国における農業は、国内総生産(GDP)の43%、就業人口の84%を占める重要な産業であり、国家開発政策上でも重点課題とされている。しかし、広大な農地と豊かな水資源に恵まれているにも関わらず、長期にわたる内戦により農業関連インフラが完全に破壊され、その後も適切な技術により再建が図られていないことから農業生産性は低い。このため潅漑農業を管轄するカンボジア水資源省(Ministry of Water Resources and Meteorology: MOWRAM)では、内戦時に荒廃した中小規模の潅漑施設の改修と適正な維持管理を戦略の要に据えている。このような背景からカンボジア政府は我…

更新情報

2009年4月30日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2006年1月4日
協力期間:
2006年1月10日から2009年7月9日
相手国機関名:
水資源気象省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。