地方行政能力向上プロジェクト

地方行政能力向上プロジェクト

カンボジア(以下「カ」国)では、長期間に亘った内戦の影響から行政組織を支える中堅クラスの人材に乏しく、教育・訓練制度も不十分であり公務員の人材育成は遅れている。また、行政機構の整理も十分ではなく効果的・効率的な行政を営むにはほど遠い。こうした背景において、「カ」国政府は1998年に行政改革国家プログラムを策定して行政改革を進めており、2002年2月には初の地方選挙(直接選挙、比例代表制)を実施して、1,621コミューン/サンカット評議会を発足させた。

地方分権化を促進することにより、国民生活に直接影響する公共サービスの質・量の改善を目指している。2004年7月、国家開発戦略「Re…

更新情報

12月22日
資料集」を更新しました。
10月23日
プロジェクトニュース」を更新しました。
7月20日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
ガバナンス
署名日:
2006年12月14日
協力期間:
2007年1月15日から2010年1月14日
相手国機関名:
-

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。