プロジェクト活動

プロジェクトでは次の3つのテーマをもとに様々な活動を計画しています。

  • 保健省病院サービス部の機能強化
  • 医療機材技術者の技術向上
  • 医療機材管理者の能力向上

これらが達成され、相互にリンクしている体制を作る(これをシステムと呼んでいます)ことで、目標を達成しようとしています。

活動は大きく、

  1. 対象病院医療機材管理、メンテナンスのための研修
  2. 医療機材維持管理のためのシステム作り

に分けられます。

2-1.研修

医療機材管理

写真

医療機材管理研修の様子

対象病院において医療機材管理に不可欠な医療機材管理手法が定着するように研修を通して指導していきます。

研修対象者:病院副院長(医療機材管理者)、病院事務長(医療機材副管理者)

医療機材メンテンス

写真

医療機材メンテンス研修の様子

カンボジア保健省が定めているCPA*3州立病院機材リストの中の37機材を対象とした基礎レベルの予防保守、保守管理計画の作成・運営などが各病院で行えるように研修をとおして指導していきます。

研修対象者: 医療機材メンテナンス技術者

* 略語解説:CPAとは(Complementary Package of Activities)の略で州立病院を規模によって3つに分類したものです。CPA分類のなかでもっとも医療機材を多く有するCPA3を本プロジェクトでは対象としています。

フォローアップ活動

研修の成果が病院での活動に反映されていくようにプロジェクトでは定期的にモニタリング調査をおこない、必要に応じて病院での指導などをおこなっています。また、モニタリング結果を踏まえ適宜ブラッシュアップ研修を計画。各病院で医療機材管理・メンテナンス活動が定着するよう支援していきます。

2-2.システム作り

各病院での医療機材管理活動が円滑に行え、保健省病院サービス部とうまく連携が取れるよう、医療機材維持管理体制をカウンターパートと共に検討していきます。また、継続的な活動維持のため組織機能向上への支援などもおこなっています。

医療機材管理システム

<カウンターパート機関>

  • 保健省 病院サービス部
  • 国立母子保健センター 医療機材保守管理部

<プロジェクト活動対象病院>

  • 国立病院 (4箇所)
  • CPA3 州立病院 (18箇所)

プロジェクト活動体制