津波に強い地域づくり技術の向上に関する研究

チリ国は、日本と同様に環太平洋地震帯に位置する地震・津波多発国であり、2010年には世界観測史上6番目の規模であるマグニチュード8.8の大地震により広範囲で被害が発生した。特に津波による被害が大きく、多くの課題を残した。具体的には、1)港湾から漂流したコンテナが住宅地や遠方の沿岸部に2次的な被害をもたらしたこと、2)警報発令が遅れたこと、3)津波は数次に亘って継続的に来襲するにも拘わらず、誤った政府発表や早すぎる警報の解除により、一度避難した住民が低地にある居住地に戻り、第2波、第3波によって人的被害が拡大したこと、4)南北に細長い国土であるため復旧復興時の支援ルートとして陸上輸送のみならず港…

更新情報

2013年1月4日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
チリ
課題:
水資源・防災
署名日:
2011年11月21日
協力期間:
2012年1月1日から2016年3月31日
相手国機関名:
チリ・カトリカ大学他

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。