中国西部地区林業人材育成プロジェクト

中国は森林被覆率が20.36%(2010年)と森林資源が乏しく(世界平均は29.6%)、砂漠化した面積は173万9,700平方キロ(日本の面積の約4.6倍)に達するなど厳しい環境条件にある。1998年に4,000人以上の死者を出した長江の大洪水は森林等の自然環境の悪化が原因で被害が大きくなったと言われており、中国政府は自然環境を改善するために1999年に「全国生態環境建設計画」を策定し、森林被覆率を2050年までには26%とする目標を掲げ、森林をはじめとする自然環境の改善に力を注いでいる。

中国の森林の大半は集団所有の集体林もしくは国有林場であり、森林の適切な保全を図るためには集…

更新情報

2013年12月12日
資料集」を更新しました。
対象国:
中華人民共和国
課題:
自然環境保全
署名日:
2009年11月3日
協力期間:
2010年3月1日から2014年2月28日
相手国機関名:
国家林業局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。