日中協力地震緊急救援能力強化計画プロジェクト

1.中国では、2000年の「全国防震減災工作会議」において,地震監測・予報、震災防御、応急救援能力の強化を地震防災分野の主要三大任務に掲げ、2004年10月に国内外の応急救援技術の研究、人員の訓練等を担う中国地震応急捜救センター(NERSS)を設立(前身;中国地震局総合観測センター)、2006年10月の第16期中央委員会第6回全体会議(六中全会)では地震防災にかかる取り組みの強化を国家の重要政策の1つとして明確に位置づけ、2006年末に中国初の総合防災計画「国家防震減災計画(2006〜2020)」の発布、2008年末に「防震減災法」の改正を行うなど法制度面の整備を含め体制整備に努めてきている。…

更新情報

2013年3月8日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
中華人民共和国
課題:
水資源・防災
署名日:
2009年9月17日
協力期間:
2009年10月1日から2013年3月31日
相手国機関名:
中国地震局
中国地震応急捜救センター
国家地震緊急救援訓練基地

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。