家庭保健を通じた感染症予防等健康教育強化プロジェクト

中国政府は1979年以降計画生育政策を実施しており、国家人口計生委のネットワークである計生系統は、その実施機関として同政策の普及と具体的実施に取り組んできた。政策実施から30年が経過し、出生率が目標に沿った形で確実に低下する一方、急速な人口の高齢化や男女性比率のゆがみが進み、更に経済発展と地域格差拡大に伴って流動人口が急増するなど、人口問題が量的な問題から、質的問題へと変化してきている。

本来、中国国内の行政上の管理部門では、計生系統は計画生育及び狭義のリプロダクティブヘルスを担当し、母子保健など保健・公衆衛生分野は衛生部傘下の衛生系統の管轄下にある。しかしながら、国策として長年…

更新情報

2015年4月17日
ニューズレター」を更新しました。
対象国:
中華人民共和国
課題:
保健医療
署名日:
2010年9月29日
協力期間:
2011年1月17日から2016年1月16日
相手国機関名:
国家人口・計画生育委員会

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。