持続的農業技術研究開発計画(第2期−環境に優しい農業技術開発及び普及)

経済発展に伴い食糧需要が増大する中国では、食糧生産量の確保が急務になっております。これらを解決するには、農業産業化構造(機械化)が必須であり、中央政府は国家の重要課題とし改革を推進しています。

13億人の人口を擁する中国では食糧自給を達成していますが、農業生産に用いる肥料、農薬や大規模な家畜飼育などによる環境への悪影響が深刻になっており、中国農政において環境保全が最重要課題の一つなっています。我が国はすでにこの分野の経験が豊富にあり、環境保全型農業技術や関係の法制度を整備しています。当プロジェクトは、日本の知識経験を活かして、生産性を損なうことなく環境への負荷を削減する技術を…

更新情報

2013年4月19日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
中華人民共和国
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2009年2月19日
協力期間:
2009年4月1日から2014年3月31日
相手国機関名:
農業部、農業科学院

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。