中国中西部地区リハビリテーション人材養成プロジェクト

 中国語

中華人民共和国(以下、中国)では、経済発展と交通量の増加により労働災害・交通事故が急増し、障害者数は急速に増え8,296万人に達している。また、WHOの予測によると、2020年までに中国の高齢者は2億5千万人に達し、リハビリテーションへのニーズは大幅に高まるとされている。このような状況下、中国政府は2002年に「2015年までに障害者が誰でもリハビリテーションサービスを受けられる」との戦略目標を掲げ、県級以上の行政区全てにおけるリハビリテーションセンターの設立と県級より下のレベルの行政区である郷・鎮・街道におけるリハビリテーションステーション及び社区リハビリテーション(中国型CBR(Commu…

更新情報

2013年4月5日
プロジェクトニュース」、 「資料集」を更新しました。
対象国:
中華人民共和国
課題:
社会保障
署名日:
2008年3月21日
協力期間:
2008年4月1日から2013年3月31日
相手国機関名:
中国障害者連合会、中国リハビリテーション研究センター

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。