一村一品(OVOP)コロンビア推進プロジェクト

OVOP(One Village One Product:一村一品)運動は日本の大分県で県の政策として実施(1979年〜2003年)され、非常に効果があった地域開発戦略です。その地域に存在する資源を活用し、住民の主導・工夫によってその地域独特の商品やサービスを育て上げ、地域の発展を促進しようという試みです。行政はこのような住民の試みを側面から支援する役割を担います。 コロンビア政府からコロンビアでのOVOP活動実施に対する協力要請がJICAにあったのは2008年になります。コロンビアの首都ボゴタにある有名私立大学ロス・アンデスのエドゥアルド・アルダナ教授が政府にOVOPを推薦、最終的に当…

更新情報

2018年10月5日
資料集」を更新しました。
対象国:
コロンビア
課題:
都市開発・地域開発
署名日:
2013年3月27日
協力期間:
2014年3月1日から2018年2月28日
相手国機関名:
国家企画庁

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。