国内避難民支援のための地方行政能力開発プロジェクト

国内避難民支援のための地方行政能力開発プロジェクト

写真:赤十字が運営するボゴタ市内のシェルターに一時避難している
子供たちと、そこで働く赤十字の職員さんです。

コロンビアでは、左派の反体制勢力、元極右の武装集団など様々なアクターが関わった長年の国内紛争の結果、300万人以上の国内避難民が発生しています。彼らを支援するために、コロンビア政府は1997年に法律第387号を制定し、全国レベルのシステム、そして中央政府レベルならびに各地方自治体レベルでの国内避難民支援委員会の設置とその委員会による国内避難民支援計画の策定とその計画に基づくプログラム・プロジェクトの実施を義務付けました。しかし、地方自治体レベルの計画策定・実施能力は低く、計画を策定していない自治体や、質的に問題のある計画、計画がよくても実施に移せていない自治体が多数存在しています。そういう支援…

更新情報

2010年2月28日
プロジェクト概要」を更新しました。
対象国:
コロンビア
課題:
ガバナンス
署名日:
2009年8月31日
協力期間:
2009年11月19日から2012年11月18日
相手国機関名:
内務司法省 アクシオン・ソシアル(大統領府)、バジェ・デル・カウカ県、ボリーバル県、マグダレナ県、アンティオキア県の県庁と各県都(カリ市、カルタヘナ市、サンタマルタ市、メデジン市)