持続可能な天然資源管理能力向上プロジェクト

 英語

東ティモールでは、1972年から1999年の27年間に、年間約1.1パーセントの割合で森林面積が減少し、全森林面積の24パーセントの森林が減少した。現在、同国の森林率は、国土面積の約35パーセントに過ぎない(約5000平方キロメートル)。森林減少の主な原因は、1. 森林火災、2. 焼畑耕作、3. 不法伐採等と報告されている。森林破壊は、土壌侵食や斜面崩壊、鉄砲水などを引き起こし、河川流域の住民生活に悪影響を及ぼしている。しかし皮肉なことに、森林減少は災害被害を受けている地域住民の経済活動によって引き起こされている。そして多くの場合、中山間地に住む貧困農民による活動が起因となっていることが多く、…

更新情報

11月18日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月18日
プロジェクトニュース」 、「ニューズレター」 を更新しました。
6月17日
プロジェクトニュース」 、「ニューズレター」 を更新しました。
7月13日
プロジェクトニュース」 、「ニューズレター」 を更新しました。
11月28日
ニューズレター」 を更新しました。
対象国:
東ティモール
課題:
自然環境保全
署名日:
2010年8月23日
協力期間:
2010年12月20日から2015年10月31日
相手国機関名:
農業水産省林業局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。