カタラマ川流域灌漑事業活性化プロジェクト

 スペイン語

エクアドル国(以下、「エ」国)における1980年代以降の農業セクターでは、農産物の生産性向上が課題となっており、特にコスタと呼ばれる海岸地域では重点的に農業開発が進められてきた。その一環として、ロス・リオス県カタラマ川流域で円借款事業「カタラマ川流域灌漑事業」(承諾1988年2月、供与限度額 8,594 百万円)が実施された。

しかしながら、同事業の対象地域における作付面積が当初計画に及ばない等、期待された効果が限定的であることが事後評価(2005年9月)において確認された。その原因として、末端農地における三次水路の未整備、勾配修正や均平等の圃場整備が行われていないことによる…

更新情報

2015年10月13日
プロジェクトニュース」、 「資料集」を更新しました。
対象国:
エクアドル
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2012年12月10日
協力期間:
2013年6月30日から2016年6月29日
相手国機関名:
ロス・リオス県政府(GADPLR)経済基盤部(Infrastructure Department)及び生産開発局(Production Development Department)