津波を伴う地震のモニタリング能力向上プロジェクト

エクアドル共和国は、環太平洋地震帯に位置する地震・津波のリスクを抱える国であり、直近では1979年にコロンビア国境付近で発生した地震(マグニチュード8.2)に伴う津波では被災者1500名、死者30名の被害が発生しました。海洋プレート(ナスカプレート)と大陸プレート(南アメリカプレート)の境界で発生する海溝型の地震では、地震により津波が発生するリスクが高く、地震発生から津波到達まで数十分以内での住民避難が必要とされており、近い将来起こり得る津波への対応として地震観測・津波解析技術の向上が求められています。
当プロジェクトでは、津波を伴う地震情報の迅速な決定、津波観測及び津波警報の発出・解…

更新情報

2月28日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
9月15日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
12月8日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月12日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
10月9日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
エクアドル
課題:
水資源・防災
署名日:
2013年11月22日
協力期間:
2014年3月24日から2017年3月24日
相手国機関名:
地球物理学研究所、海洋学研究所、国家危機管理庁