チンボラソ県貧困削減のための持続的総合農村開発実施体制強化プロジェクト

 スペイン語 ケチュア語

チンボラソ県貧困削減のための持続的総合農村開発実施体制強化プロジェクト

エクアドル国チンボラソ県は、人口の約40%を有し、シエラ(山岳)地域のほぼ中央部に位置する、シエラ10県の内でも深刻な貧困問題を抱えている県である。特に、県人口の約60%が居住し、先住民が多い農村部の貧困が大きな社会問題となっている。

貧困の主な要因は、農業所得の低さと劣悪な生活環境(教育、医療、基礎インフラ面など)が挙げられている。またこれらに加え、農村を取り巻く重大な問題として、自然資源劣化(過度な伐採による流域荒廃を原因とする水源涵養力の低下、土壌浸食)がある。この劣化によって農業と農村生活に最も重要な「水と土」という資源が失われていることが、貧困の悪循環につながっている。…

更新情報

2012年5月23日
プロジェクト概要」を更新しました。
対象国:
エクアドル
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2008年11月26日
協力期間:
2009年2月27日から2011年8月23日
相手国機関名:
チンボラソ県