情報アクセシビリティの改善による障害者の社会参画促進プロジェクト

(1)当該国における「障害と開発」セクターの現状と課題
エジプト・アラブ共和国(以下、「エジプト」という)は、2017年に国連障害者統計に関するワシントングループの6つの質問を採用した初の国勢調査を実施した。その結果、障害者の数は約1011万人、全人口の10.67%となっている。
エジプトでは、障害者の教育や雇用へのアクセスは非常に限られている。障害者であることから学校への入学や企業への就職を断られるケースも少なくない。UNICEFによると、エジプトには障害児が約200万人いるが、その中で教育を受けている障害児はわずか1.8%に過ぎないとUNICEFは推定している。2009年に…

更新情報

8月13日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
5月21日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月15日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
エジプト
課題:
社会保障
署名日:
2018年12月3日
協力期間:
2019年3月7日から2021年3月6日
相手国機関名:
情報通信省 社会的責任・サービス部 (SRSD)