九州大学 安浦理事・副学長 E-JUST 訪問

2009年3月26日

3月26日より九州大学の安浦理事・副学長にE-JUSTに来ていただきました。安浦副学長は国内支援委員会における「大学運営・戦略」ワーキンググループの副委員長としてだけでなく、「Electronics and Communications Engineering」分野の専攻幹事大学代表者としてご支援いただいております。今回はE-JUST Executive Memberと大学運営方策の検討を行うと共に、九州大学で注目を浴びる産学官連携モデルについてご教示いただきました。またご到着された日には日本大使館が主催する「第一回日本留学生同窓会」にご参加され、これまでに日本に関わった多くのエジプトの人々(日本で学位を取得した人、研修した人など約200名が出席)に対し、心のこもった熱いスピーチをされました。会には、ヒラール高等教育大臣、石川大使、上村公使、ハイリー氏を代表にE-JUST Executive Memberの諸氏も参加されました。

『日本・エジプトの2国間合意文書署名式、上記の同窓会、E-JUST実行委員との大学運営・戦略協議への参加などの要請に対して、お忙しい中、急遽エジプトにお越し頂きました。E-JUSTの現場視察を通し、長期展望に立ったE-JUSTの戦略づくり、大学だけではなく産業界も含めた幅広い支援の必要性、エジプト・日本双方にとって利益になりうるエジプトを超えたE-JUSTの将来性などを力説され、現場一同、エジプト・日本双方が関わるE-JUSTの重みを改めて実感しました。高い志を持ち取り組んでいきたいと思います(角田)。』

写真写真

写真左:第一回日本留学同窓会でスピーチされる安浦副学長
写真右:ヒラール高等教育省大臣、石川大使と意見交換

写真写真

写真左:MuCSAT見学の様子
写真右:EJUST Executive Memberとの会議

写真

写真:EJUST設立予定地にて