シャルキーヤ県上下水道公社運営維持管理能力向上計画プロジェクト

画像

エジプト国(以下、「エ」国)では、1990年代に上下水道分野での行政組織の非効率・事業経営の財政破綻が明らかになり、行政改革が進められてきた。それまでの行政県を単位とする上下水道部局直轄による運営から、県単位で設立された上下水道公団・会社による運営に切り替えられた。公団化・料金改定は地方自治体の直轄運営からの経営面及び財務面での独立を目指すものであったにもかかわらず、現状は結果的に全ての事業体において経営収支は赤字で、運営・維持管理の費用が料金収入でまかなえず、それに伴い整備された施設・配水管網も適切な維持管理ができない状況となっている。

シャルキーヤ県は人口約500万人を擁す…

更新情報

2021年2月16日
「プロジェクト概要」を更新しました。
対象国:
エジプト
課題:
水資源・防災
署名日:
2006年9月20日
協力期間:
2006年11月24日から2009年10月21日
相手国機関名:
1.関係省庁 上下水道資産保有会社・全国上下水道庁
2.カウンターパート機関 ・シャルキーヤ県上下水道公社
3.受益者 ・SHAPWASCO 職員:約5,000 名・直接裨益者・シャルキーヤ県住民:約500 万人・間接裨益者

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。