住民参加型初等教育改善プロジェクト(Ho! ManaBUプロジェクト)

エチオピア国(以下、「エ」国)では、1997年より累次の「教育セクター開発プログラム(Education Sector Development Programme:ESDP)」を策定・実施しており、初等教育(G1-G8)の粗就学率が、1997/98年の41.8%から2009/10年には93.4%にまで向上する等、全体的にアクセスは改善してきている。しかしながら、就学における地域間、男女間格差、後期初等教育(G5-G8)、中等教育への進学率の低さ等は未だ顕著な問題である。加えて、就学率改善に伴う1クラスあたりの生徒数の増加、特に農村部における教室・教科書・有資格教員の不足や、高い中途退学率(20…

更新情報

2012年7月24日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
エチオピア
課題:
教育
署名日:
2008年8月6日
協力期間:
2008年9月20日から2012年9月19日
相手国機関名:
オロミア州教育局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。