少しの工夫でよりよい生活改善を!改良かまど設置編

2008年10月2日

本日は2008年5月16日付のプロジェクトニュースでお知らせした生活改善活動ABCoDIプロジェクトの進捗報告です。

写真アダミツル農業試験場近郊の2つの村で8つの農民女性グループ(総勢220名)を立ち上げ調査を行った結果、台所の改善、サツマイモ生産・調理方法の研修、養鶏研修の要望が挙がりました。
そして今回は一番要望の多かった台所の改善の一環で改良かまどのデモンストレーションを行いました。
改良かまどの購入代金40ブル(約400円)は、農民女性たちがお金を出し合い研究員がかまどを製造しているNGOに連絡をとり、設置しました。

改良かまどは熱伝導率が良く効率的な調理できるので、薪の使用量が少なくて済み煙の排出も少ないので呼吸器への負担が軽減されます。
果たしてかまど導入後の女性たち感想は?追ってご報告します。

写真 グループメンバーの女性