PacCERT“CSIRT Boot Camp Training Vol.1”の実施

2012年3月7日

PacCERTのスタッフ正式公募もはじまり、2012年3月の終わりにはPacCERTマネージャとテクニカルスタッフの採用決定がされる見込みです。それに先立ち、本プロジェクトでは、PacCERTステークホルダーを対象に、実習を中心とした情報セキュリティ技術の集中トレーニングを2012年3月5日から7日までの3日間の日程で、Japan-Pacific ICT Centreにて実施しました。

トレーニング対象者は、フィジー政府ICT担当部門、ISP(インターネットサービスプロバイダー)企業、テレコム企業、金融機関、その他政府機関、地域機関のITマネージャやエンジニアで、計25名が参加しました。事前の要望調査より、今回のトピックは「ネットワークフォレンジック」と「ウェブアプリケーションセキュリティ」とし、実習を中心とした実践的なスキルを身につけてもらうトレーニングを実施しました。

参加者の評判、満足度も非常に高く、アンケートの結果90%以上の参加者が、かなり多くの新しい知識やスキルを身につけることができた、そして習得したほとんどすべての知識とスキルが、実際の業務に直接役に立つと回答しました。

2013年1月に本プロジェクトが終了するまで、引き続きPacCERTの運営確立と、フィジーおよび大洋州地域のサイバーセキュリティ対策キャパシティ向上のための支援をJPCERT/CCとともに進めていきます。

【写真】

トレーニングの様子(小宮山専門家)

【写真】

トレーニング終了後のグループフォト