地方開発のための自治体能力強化プロジェクト

ホンジュラスでは、2009年6月に発生した政変により各国からの援助の撤退、貿易の停滞等の影響が生じたが、2009年12月に民主的な選挙が実施され、翌年新政権が発足した。以降、ドナー諸国による新政権の承認、援助の再開に加え、2011年6月には米州機構(OAS)にも復帰し、現在政権は安定している。

現ロボ政権は、前政権までの方針を引き継ぎ、地方分権を通じた地域開発を重視している。ホンジュラスの地方分権化 は、1990年10月に施行された「地方自治体法」によって推進され、2004年には自治体(市)に社会開発事業の計画・実施・管理を委任する「プロジェクトサイクル地方委任事業(DOCP)」…

更新情報

5月26日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
12月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
8月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月15日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
ホンジュラス
課題:
ガバナンス
署名日:
2011年9月20日
協力期間:
2011年10月26日から2016年11月25日
相手国機関名:
内務・国民省(SEIP)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。