西部地域・開発能力強化プロジェクト

西部地域・開発能力強化プロジェクト

ホンジュラス国(以下、ホンジュラス)の貧困地域に存在する市のほとんどは、人口が3千人から1万人に満たない小規模自治体であり、優秀な人材の不足、税収基盤の脆弱さと財政規模の小ささから、住民に対する必要最小限の行政サービスも十分に提供できない状況である。こうした人材面、財政面における自治体の能力不足を解決する一方策として、市(Municipio:自治体の単位)が複数集まって市連合会(Mancomunidad)を形成しており、これはホンジュラス地方自治体法でも奨励されている。市の開発行政は市連合会の支援ユニット(UTIM)が技術的に支援することになっているが、市連合会、支援ユニット共に案件実施能力が…

更新情報

2010年10月31日
資料集」を更新しました。
対象国:
ホンジュラス
課題:
ガバナンス
署名日:
2006年6月30日
協力期間:
2006年9月1日から2010年10月31日
相手国機関名:
社会投資基金(FHIS)、イギート市連合会及び構成市

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。