シャーガス病

写真

カルロス・シャーガス博士(1879〜1934年)

シャーガス病はブラジル人カルロス・シャーガス(Carlos Chagas)によって1909年に発見されました。別名:アメリカトリパノソーマ病とも呼ばれ、原虫トリパノソーマ・クルズィ(Trypanosoma cruzi)が血液に感染し発症する、中南米特有の人畜共通感染症です。

主な感染経路は、吸血性のサシガメをベクターとした媒介虫感染、輸血などによる血液感染、そして母親から胎児への母子感染などがあります。

写真

片目が腫れあがった感染患者(ローマニア兆候)

写真

心臓の細胞で繁殖した原虫トリパノソーマ・クルズィ

症状は、急性期と慢性期に分かれ、初期の急性期は4週間程で、風邪に似た症状が出ます。発熱や片方の目が腫れたりといった、目に見える症状が出る時もあります。急性期に投薬治療すれば、回復する確率がとても高くなります。慢性期は10年から20年続き、原虫T.cruziが内臓の細胞に入り込んで臓器肥大などの症状を起こします。慢性期の治療は確立されておらず、感染患者は、心臓肥大や心機能低下により死亡に至る場合があります。