南スラウェシ州地域保健運営能力向上プロジェクトフェーズ2

 英語 インドネシア語

インドネシア共和国(以下、インドネシア)は、これまで実施してきた開発政策の成果により、国全体としては国民生活の質が向上しつつある一方で、地域間の開発格差が顕在化している。地域別の貧困率を見ると、西部のジャワ・バリ(12.5%)やスマトラ(14.4%)に比べ、東部のスラウェシ(17.6%)、マルク(20.5%)、ヌサトゥンガラ(24.8%)、パプア(36.1%)は高い数値を示しており、地域間格差是正のためには、東部地域の開発が重要な課題となっている。

また、インドネシアでは、2001年以降に急速に地方分権化が進み、開発に関する権限、人員、財源の地方政府への大幅な移譲が行われた。しか…

更新情報

11月26日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
インドネシア
課題:
保健医療
署名日:
2010年11月11日
協力期間:
2010年11月11日から2014年3月31日
相手国機関名:
南スラウェシ州政府、対象3県政府(バルー県、ブルクンバ県、ワジョ県)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。