市民警察活動促進プロジェクト フェーズ2

市民警察活動促進プロジェクト フェーズ2

インドネシア国の治安維持は、これまで30年余りにわたって国軍が担ってきたが、2000年8月の国民協議会の決定により、警察軍が国軍から分離独立し、大統領直轄の国家警察へと移行した。分離独立後の国家警察にとって、国内治安を維持するとともに国内で多発する一般犯罪に対応して市民の安全を確保し、市民に信頼される市民警察としてのサービスを提供することが大きな課題となっている。

現在、インドネシア国家警察では、市民の要望に対して迅速かつ誠実に対応し、市民からの基本的信頼を得ることを目指した「市民警察」の導入を進めている。我が国は2002年8月より5年間の協力で、前ブカシ警察署(現メトロ・ブカシ…

更新情報

10月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
5月26日
プロジェクトニュース」を更新しました。
4月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
1月11日
プロジェクトニュース」を更新しました。
12月13日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
インドネシア
課題:
ガバナンス
署名日:
2007年8月1日
協力期間:
2007年8月1日から2012年7月31日
相手国機関名:
インドネシア国家警察本部

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。