チャハールマハール・バフティヤーリ州参加型森林・草地管理プロジェクト

イラン国南西部を流れるカルーン川は、5州に跨る国内最大の流域面積を有しており、その約5割はチャハールマハール・バフティヤーリ州に属している。近年この流域では、土壌侵食、土石流、地滑りなどの自然災害が発生しており、その原因として、上流域における違法伐採や家畜の過放牧による土地被覆の減少、それらに伴う水源涵養能力の低下などが指摘されている。

このような状況の下、JICAは2000年から2002年にかけてカルーン川の上流域を対象とした開発調査「カルーン川流域管理計画調査」を実施し、流域内の5地区で流域管理に関するマスタープランを策定した。同調査では特に(1)洪水・土石流および地滑り…

更新情報

2017年6月29日
プロジェクトニュース」、 「ニューズレター」を更新しました。
対象国:
イラン
課題:
自然環境保全
署名日:
2010年3月14日
協力期間:
2010年7月8日から2016年12月30日
相手国機関名:
チャハールマハール・バフティヤーリ州自然資源流域管理局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。