コミュニティヘルス戦略強化プロジェクト

 英語

ケニア政府は、2006年にコミュニティを中心とした保健システムを強化するためにコミュニティヘルス戦略(CHS)を策定したが、その実施主体となるコミュニティユニットの数は2010年6月の時点では約1,300ヶ所に留まり、目標値(2009年)である約4,200箇所の3割に満たない数である。

CHSの普及を妨げる主な理由としては、地域的多様性を考慮した実施モデルの欠如、関係者間の調整の欠如、中核人材であるコミュニティヘルスワーカー(CHW)の不足とその高い離職率、行政のマネージメント能力の不足、CHWキットの不足、モニタリング・評価フレームワークの欠如とモニタリング・ツールである保健情…

更新情報

7月16日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
5月28日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月18日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
9月27日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
6月25日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
ケニア
課題:
保健医療
署名日:
2010年12月9日
協力期間:
2011年10月1日から2014年9月30日
相手国機関名:
公衆衛生省 プライマリーヘルスサービス局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。