北部ケニア干ばつレジリエンス向上のための総合開発及び緊急支援計画策定プロジェクト

ケニア北部地域 を含む「アフリカの角」地域は、元来降雨量が少ない乾燥地・半乾燥地が大半を占めており、干ばつやこれに伴う食糧危機が慢性的・周期的に発生している。特に今般の干ばつは過去4年間に亘って十分な降雨量が得られなかったことに起因し、広範な地域で被害が深刻化している。ケニア国はソマリアからの難民を大量に受け入れる一方、同国内においても特に北部地域で深刻な被害を受けており、関係各機関によって食料糧援助等の緊急人道支援が行われている。政府は2011年9月、「アフリカの角危機サミット」を主催し、「地域レベルで中長期的な干ばつ対応メカニズムを構築する必要がある」とする「ナイロビ宣言」を纏めた。JIC…

更新情報

11月2日
資料集」 を更新しました。
6月19日
プロジェクト概要」 を更新しました。
6月18日
ニューズレター」 を更新しました。
3月19日
ニューズレター」 を更新しました。
2月12日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ケニア
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2012年1月31日
協力期間:
2012年2月1日から2015年10月31日
相手国機関名:
ケニア地方分権化・計画省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。