理数科教育強化計画プロジェクト

理数科教育強化計画プロジェクト

ケニア共和国の国家開発計画では2030年までに産業構造を工業化することを目標として掲げているが、工業化に必要とされる人材育成を行う教育は低迷しており、特に理数科教育の質の低さは早急に対応すべき課題である。日本政府は、ケニア政府の要請を受け「中等理数科教育強化計画(SMASSE)」を1998年から開始し、現職教員研修を通じた理数科教育の改善を支援してきた。フェーズ1(1998〜2003年)では、パイロット県において持続的な教員研修制度の基盤の整備・構築を支援し、フェーズ2(2003〜2008年)では、その成果を全国に展開した。SMASSEは、ASEI/PDSI(Activity, Student…

更新情報

6月14日
「関連リンク」を更新しました。
2月2日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2月2日
プロジェクト活動」を更新しました。
4月30日
プロジェクトニュース」を更新しました。
3月3日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ケニア
課題:
教育
署名日:
2008年11月28日
協力期間:
2009年1月1日から2013年12月31日
相手国機関名:
教育省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。