中等理数科教育強化計画プロジェクト (SMASSE) フェーズ2

中等理数科教育強化計画プロジェクト (SMASSE) フェーズ2

ケニア共和国の国家開発計画では2020年までに産業構造を工業化することを目標として掲げている。しかしながら、ケニアの初・中等教育における理数科教育の実態は低迷 しており、その改善が緊急の課題として取り上げられてきた。かかる状況下ケニア政府の要請を受け、日本政府は中等理数科現職教員研修を通じた理数科教育の改善を目標とする 「中等理数科教育強化計画(SMASSE)」を9ディストリクトを対象として実施した(1998年7月〜2003年6月)。  この結果、現職教員研修システムが中央及び地方で構築され、その有効性及び持続発展性が終了時評価で確認されている。地方(ディストリクト)における研修についても、一…

更新情報

6月14日
「関連リンク」を更新しました。
11月8日
プロジェクト概要」を更新しました。
対象国:
ケニア
課題:
教育
署名日:
2003年5月16日
協力期間:
2003年7月1日から2008年12月30日
相手国機関名:
教育科学技術省・アフリカ理数科・技術教育センター(CEMASTEA)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。