西部・中部アフリカ諸国への訪問 - ガンビア編

2005年9月8日

ガンビアでは、同国教育省から、数学教員研修会及び理科教員研修会の会長が訪問先として紹介されていた。彼らと協議をし、その結果を教育省の次官補および計画局長に報告した。

この教員研修会は、2001年に復活したもので、どちらも教員から年会費を徴収し運営されている。会員数は双方とも100名未満で、必ずしも活発に活動しているとは言えないが、NGO等の支援を受け、年に数回の研修を実施しているとのことであった。彼らの要望は、第三国研修への参加により、研修指導員の能力が向上することを期待していた。

今年度の第三国研修参加者の帰国後の動向をフォローし、今後の対応を策定することになると考える。

教育省との協議終了後、中学校2校と教員養成カレッジを視察した。