進捗状況確認

2005年10月2日

早いものでもう10月。今年も残り3ヶ月ですが、まだまだこれからもイベントが盛り沢山に予定されています。

明日からのSMASSEの1週間の予定をざっとまとめると・・・

* 7-9月のプロジェクト事業決算: ほぼ終了
* JICA新人職員へのOJT: 7週間
* 中間評価への対応準備
* 第三国研修参加者の決定: カメルーン、ボツワナ、モーリシャス、ウガンダ待ち
* フィリピン研修参加メンバー40名の決定
* その他海外出張メンバーの決定
* スーダンへの出張

話題変わって、昨日(10/1)、パリのADEA 会議から戻ってくるはずのケニア人スタッフ1名が予定の時刻にナイロビに到着できなかった。ナイロビの国際空港の滑走路で、貨物機が故障して立ち往生してしまったらしい。そのため土曜早朝から昼までの時間、ナイロビでは離発着とも出来ず、ナイロビ到着便はすべてモンバサかウガンダの空港へ臨時着陸していたとのこと。

ナイロビ空港では、お昼頃には滑走路も片付き、朝から待っていた出発便を送り出したものの、彼はモンバサで夕方6時くらいまで待たされたらしい。モンバサ空港に到着した乗務員達がホテルに入って一息ついてしまい、しばらく空港へ戻ってこなかったのでした。

つくづく、空の旅は多くの関係者の協力(都合)で支えられているのだと思い知らされます。