卒業試験、始まる

2005年10月23日

この金曜日(10/21)から、ケニア全国の中等学校で一斉に、ケニア中等教育資格試験(Kenya Certificate of Secondary Education: KCSE)が開始されました。今年は26万653人が受験します。

つい先日、中間評価調査団に同行してEmbu地方を視察したときも、幾つかの学校では4年生が試験対策のために化学実験の実技試験の準備をしていました。

例年、試験問題の漏えいを始め、試験問題用紙の配布遅れ、生徒の登録手続き不備、生徒と試験監督(教師)が共謀しての不正行為(集団カンニング)など、色々な事件・事故が大々的に報道されるKCSEには社会的にも非常に大きく注目が集まります。試験会場になる全国各地の中等学校では、いつもとちょっと違う緊張感に包まれています。

また、まもなく11月9日からはケニア初等教育資格試験(Kenya Certificate of Primary Education: KCPE)が始まり、初等教育の卒業学年である8年生671,620人が受験する予定です。

お知らせ。間もなく、このブログ、国際協力機構JICAのホームページに引っ越しすることになります。